Gli appunti

アクセスカウンタ

zoom RSS シルヴィ・ギエム 「限界への挑戦」 「ベジャール・ガラ」 「ライズ・アンド・フォール」 BS−Hi

<<   作成日時 : 2009/10/25 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シルヴィ・ギエム 〜 限界への挑戦 〜
内 容:
世界中に愛されるプリマ・バレリーナ、シルヴィ・ギエムのドキュメンタリー。 日頃カメラに撮られることを苦手としていた彼女が、 2007年1月から2009年3月までという彼女のキャリアにとって重要な期間をフィルムに収めることを認めた 貴重な映像である。 フランス、ケベック、ロンドン、スペイン、イタリア、日本といったロケ地での彼女の舞台活動だけではなく、 自らの芸術性を高めるべく、あくなき努力を続ける彼女の姿勢を追う。 そしてこのドキュメンタリーは、シルヴィ・ギエムと演出家ルパージュや、 マリファント、カーンといったダンサーとのコラボレーションを通し、 北アメリカの開拓精神、ヨーロッパ・クラシックとコンテンポラリー・ダンスの境界線、 そしてアジアの魔力と智恵といったものを描いている。

出 演:
シルヴィ・ギエム
ロベール・ルパージュ
ラッセル・マリファント
アクラム・カーン
【監督】 Francois Ha Van
[ 制作:A Droite de la Lune (フランス, 2009年) ]


**************************************************
東京バレエ団 公演 「ベジャール・ガラ」   〈全曲版〉

「20世紀を代表する現代バレエの振付家、モーリス・ベジャールが、 2007年、惜しまれながら80年の生涯を閉じた。
ベジャールと密接な関係を築き、彼が「日本にいるわが子」と呼ぶ東京バレエ団は、 2008年5月からヨーロッパで追悼公演(6ヵ国21公演)を行い、2009年2月に東京でフィナーレを迎えた。
今回、東京バレエ団が追悼公演で取り上げるのは、「ボレロ」、「中国の不思議な役人」といった ベジャールの代表作。 「ボレロ」には、ベジャールが最も信頼していたダンサーのひとり、シルヴィ・ギエムが客演する。 ギエムは、2005年のツアーを最後にこの作品の上演を封印していたが、 今回はその封印をといて特別に出演することになった。」

---------------------------------------------------

ギリシャの踊り   ( ミキス・テオドラキス )

後藤 晴雄
井脇 幸江
木村 和夫
ほか

中国の不思議な役人   ( ベラ・バルトーク )

首藤 康之
宮本 祐宜
平野  玲
ほか

ボレロ   ( モーリス・ラヴェル )

シルヴィ・ギエム
ほか

東京バレエ団

振 付 : モーリス・ベジャール

[ 収録: 2009年2月9日, 五反田ゆうぽうとホール ]


***************************************************
「ライズ・アンド・フォール」 シルヴィ・ギエムと3人のダンサーたち

「シルヴィ・ギエムとバレエ・ボーイズ (マイケル・ナン、ウィリアム・トレヴィット) が、 ラッセル・マリファントの振り付けのコンテンポラリーダンスを踊る。 「トーション(ねじれ)」(デュオ)、「トゥー」(ソロ)、そして3人が踊る「ブロークン・フォール」という、 エキサイティングな3作品が番組で紹介される。

「トゥー」(約7分) は、ゆっくりとして孤独、物思いに耽るようでありながら、 スウィングやビートによってこの上なくなめらかに動く複雑な機械のような印象を与える。
「トーション」(約17分) でのナンとトレヴィットは、完全に同等なペアであることを実現させた。 スピードと体重をダイナミックに切り替え、時に二人がゆっくり絡み合い、ねじれあい、観客を引き込んでゆく。
そして最後に「ブロークン・フォール」(約25分)。3人のダンサーがニュアンスに富みつつ、 刺激的なダンスを展開する。」

-----------------------------------------------------
1. トゥー ( アンディ・カウトン作曲 )
2. トーション (ねじれ)   ( リチャード・イングリッシュ作曲 )
3. ブロークン・フォール ( バリー・アダムソン作曲 )
振付 : ラッセル・マリファント

シルヴィ・ギエム


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シルヴィ・ギエム 「限界への挑戦」 「ベジャール・ガラ」 「ライズ・アンド・フォール」 BS−Hi Gli appunti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる