Gli appunti

アクセスカウンタ

zoom RSS ボリショイ「パリの炎」&パリオペ「バレエ・リュス」 BS2

<<   作成日時 : 2010/04/26 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プレミアムシアター
ボリショイ・バレエ団公演 バレエ「パリの炎」/パリ・オペラ座バレエ公演 「バレエ・リュス・プログラム」

☆ボリショイ・バレエ団公演 バレエ「パリの炎」
内容:
モスクワを拠点とする名門ボリショイ・バレエの2009/10年シーズンから、バレエ「パリの炎」をお送りする。
バレエ「パリの炎」はフランス革命を題材に、舞台に革命そのものの描写を持ち込み、革命への情熱を見事に描いた傑作。原振付のワシーリー・ワイノーネンの名を一躍有名にした出世作でもある。今回は2010年の3月末に国際共同制作によって収録した公演の模様を、日本のバレエ・ファンのためにいち早くお届けする。

曲目: バレエ「パリの炎」
出演: ナターリャ・オシポワ(ジャンヌ)
    イワン・ワシリエフ(フィリップ) ほか
ボリショイ・バレエ団
振付:アレクセイ・ラトマンスキー
音楽監督:パーヴェル・ソローキン
音楽:ボリス・アサフィエフ
収録:2010年3月24日、29日、31日
ボリショイ劇場(モスクワ)


☆パリ・オペラ座バレエ公演 「バレエ・リュス・プログラム」
内容:
20世紀初頭に疾風の如くあらわれ、それまでの常識を覆す革新的なバレエ作品を生み出したバレエ・リュス(ロシアバレエ団1909-1929)。2009年は、そのバレエ・リュスの結成から100年。世界各地で多くの記念公演が行われた。その中の一つで、最もバレエファンの注目を集めているパリ・オペラ座バレエ団の2009年12月公演「バレエ・リュス・プログラム」を、放送したい。
20世紀初頭、音楽、舞台、美術などあらゆる芸術界に衝撃を与えた「バレエ・リュス」の一連の作品は、今なお新鮮な輝きに満ちている。世界屈指のバレエ団、パリ・オペラ座のスターダンサーたちが勢ぞろいする豪華な舞台をお送りする。

曲目:
バレエ「三角帽子」(1919年初演)
振付:レオニード・マシーン
音楽:マヌエル・デ・ファリァ
美術:パブロ・ピカソ
主演:ジョゼ・マルチネス、マリ・アニエス・ジロ

バレエ「バラの精」(1911年初演)
振付:ミハイル・フォーキン
音楽:マリア・フォン・ウェーバー
美術:レオン・バクスト
主演:マチアス・エイマン、イザベル・シアラヴォラ

バレエ「ペトルーシュカ」(1911年初演)
振付:ミハイル・フォーキン
音楽:イーゴリ・ストラビンスキー
美術:アレクサンドル・ブノワ
主演:ニコラ・ル・リッシュ、クレールマリ・オスタ、ヤン・ブリダール バンジャマン・ペッシュ

バレエ「牧神の午後」(1912年初演)
振付:ワツラフ・ニジンスキー
音楽:クロード・ドビュッシー
美術:レオン・バクスト
主演:ニコラ・ル・リッシュ、エミリー・コゼット

収録:2009年12月 パリ・オペラ座ガルニエ宮

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボリショイ「パリの炎」&パリオペ「バレエ・リュス」 BS2 Gli appunti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる