Gli appunti

アクセスカウンタ

zoom RSS Amazing Voice 驚異の歌声 〜イタリア編

<<   作成日時 : 2011/04/04 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Amazing Voice 驚異の歌声

・「イタリア編(1)南へ北へ」 4月4日(月)【3日深夜】 午前3時00分〜4時00分

イタリアの驚異の歌声1回目は南北多彩な歌声。南に激しいリズムで歌う歌姫登場。北の男声合唱団SATは個々の声が飛び出ない。グレゴリア聖歌、会話を歌う93歳も登場。

歌声はなぜ魂を揺するのか? イタリアの驚異の歌声、1回目は南北多彩な歌声をたんのうする。南にタンバリンの激しいリズムで歌う歌姫! 祖母が歌うのを見て覚えた歌。北からは男声合唱団SATのハーモニー。グレゴリア聖歌の美しさを創る建物の秘密とは? 日常会話を歌で歌い続ける93歳も登場。オペラやカンツォーネの国というイメージを一新する歌声を満喫。【パーソナリティー】藤井フミヤ、元ちとせ【案内人】林隆三


・「イタリア編(2)MINA(ミーナ)」 4月4日(月)【3日深夜】 午前4時00分〜5時00分

イタリアの驚異の歌声2回目は1978年のライブを最後に人前で歌うことやめ、幻の歌手となったMINA(ミーナ)を特集。70歳の今もCDを出して魅了する歌声とは?

歌声はなぜ魂を揺するのか? イタリアの驚異の歌声2回目は、幻の歌手MINA。1978年のライブを最後に人前で歌うことをやめたが、今なお70歳でCDを出し、人々を魅了する。作曲家エンリオ・モリコーネは取材に答え「歌手の自由を奪う曲を作ったが、MINAは突き通す深い響きで歌い切った」と評する。藤井フミヤと元ちとせは「なぜ人前で歌うのをやめたか」興味津々だ。日本でカバーした意外な歌手の声も次々登場する。


・「イタリア編(3)男たち女たち」 4月4日(月) 午前5時00分〜5時57分

イタリアの驚異の歌声3回目は世界唯一といわれる「バス」パートがテノールを支えるユニークな男声合唱、田植え労働で団結と争議の歌となった女声合唱、戦いの歌が登場!

歌声はなぜ魂を揺するのか? イタリアの驚異の歌声3回目は男たち、女たちを団結させる歌。不思議な歌唱法で男が団結した合唱コンパニア・サッコ。世界唯一といわれる、バスがテノールを支えるユニークな合唱で、音響専門家が分析を試み! 女たちが団結したのは田植え歌。そして現代の戦いの歌や、少数民族の歌が登場! 藤井フミヤは「歌に対する感覚が変わった」と言う。パーソナリティーは藤井と元ちとせ。【案内人】林隆三

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Amazing Voice 驚異の歌声 〜イタリア編  Gli appunti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる